【ドイツ語「時間・時刻」の言い方・表現】会話12時間制と公式24時間制とは?

ドイツ語 時間の言い方 ゲーテA1レベル

ドイツ語の時間の言い方は、少し特殊です。

公式と言われる24時間制と、日常会話で使われる12時間制があります。

 

スポンサーリンク

【12時間制】会話で時間を伝える

いつ使う?

日常会話では「12時間制」を使います。

 

使い方は?

時間表現で使う単語
  • vor→「前」という意味の前置詞
  • nach→「後」という意味の前置詞
  • halb→半分(30分)
  • Viertel→4分の1(15分)
ドイツ語で時間を伝える (1)

数字の一覧はこちら:【「基数一覧」】数字の言い方・読み方は?発音付きで解説

 

「分+時」の順で伝える

会話で使われる12時間制は、「分+時」の順で言います。

 

1時台を例に、一覧でみてみましょう。

  • 1時や30分(半)を起点に、「5分後」「半分」などの独特な言い方をします。
  • どこを起点として、「halb(半分)」「vor(前)」などを使うかを意識しましょう。
ドイツ語で時間を伝える  図2
日本語ドイツ語

考え方

1時

eins

1時10分

zehn nach eins

1時の10分後

1時15分

Viertel nach eins

1時の15分後
1時20分
  • zwanzig nach eins
  • zehn vor halb zwei
  • 1時の20分後
  • 2時の半分の10分前
1時25分

fünf vor halb zwei

2時の半分の5分前
1時30分

halb zwei

2時の半分
1時35分

fünf nach halb zwei

2時の半分の5分後
1時40分
  • zwanzig vor zwei
  • zehn nach halb zwei
  • 2時の20分前
  • 2時の半分の10分後
1時45分

Viertel vor zwei

2時の15分
1時50分

zehn vor zwei

2時の10分前

 

ポイント解説①「分+時」の順で伝える

「zehn nach eins(1時10分)」を例にみてみましょう。

  • zehn→10分
  • nach→後
  • eins→1時

つまり、1時を起点として10分後、1時10分となる。

ドイツ語で時間を伝える 1時10分

 

ポイント解説② ●時30分は、次の時間の半分

「halb zwei(1時30分)」を例にみてみましょう。

  • halb zwei(2時の半分)→1時30分になる

 

ポイント解説③●時20分、●時40分は言い方が2つある

1時20分を例にみてみましょう。

  • 「zwanzig nach eins」(1時の20分後)
  • 「zehn vor halb zwei」(2時の半分の10分前)
ドイツ語で時間を伝える  1時20分
クロネコさん

「zwanzig nach eins」「zehn vor halb zwei」どちらを使うかは、人や地域によります。

地域は同じでも人によってどちらも使われるので、両方の言い方を覚えておくといいと思います

ザルツブルク大学などが「1時20分はどの言い方をするか」を地域ごとに調査したページが参考になりますので、興味のある方は下記リンクをご覧ください。

外部リンク:http://www.atlas-alltagssprache.de/uhrzeit/

 

1時40分は以下2つの言い方があります。

  • zwanzig vor zwei(2時の20分前)
  • zehn nach halb zwei(2時の半分の10分後)

 

ポイント解説④30分を起点に、前か後か

「 fünf vor halb zwei(1時25分)」

「fünf nach halb zwei(1時35分)」

ドイツ語で時間を伝える 1時25分、1時35分

 

ポイント解説⑤viertel→4分の1

「Viertel nach eins(1時15分)」

「Viertel vor zwei(1時45分)」

ドイツ語で時間を伝える 1時15分、1時45分

「1時15分」「1時45分」は他にも言い方があります

  • 1時15分:viertel zwei
  • 1時45分:drei viertel zwei

教科書に載っている言い方は「Viertel nach eins(1時15分)」「Viertel vor zwei(1時45分)」なので、まずはこちらをマスターするのがいいと思います。

しかし、「viertel zwei(1時15分)」「drei viertel zwei(1時45分)」の言い方をするネイティブも地域もあるので、覚えておけば便利です。

 

クロネコさん

「viertel zwei、drei viertel zweiのような言い方は、ドイツのどの地域で使われるか?」を調査したのが、下記リンクのザルツブルク大学などの調査です。

ザルツブルク大学などの調査によると、「viertel zwei、drei viertel zwei」の言い方は、ドイツ国内ではやや減っており、標準語と認められない傾向にあるとのこと。

外部リンク:http://www.atlas-alltagssprache.de/runde-7/f11e/

 

12時間制で、午後と午前の違いはどう伝えるの?

クロネコさん
文脈です。

例えば日本語も「1時に待ち合わせね!」「10時に待ち合わせね!」と言えば、その状況やそこまでの会話で、待ち合わせが昼なのか、夜なのかは分かると思います。

ドイツ語も同じで、あえて強調して午前か午後か伝えたいなら言いますが、

それ以外なら午後1時や、午前1時などは言わないです。

 

【24時間制】公式で時間を伝える

いつ使う?

駅などのアナウンスやニュースで時間を伝えるときは「公式」と言われる伝え方をします。

 

使い方は?

  • 会話のときとは違い、nach、halbなどは使いません。
  • 「時間→分」の順に、24時間方式で読み上げます。

(12時間方式は「分→時間」の順で言います)

 

  • 3時10分  → drei Uhr zehn
  • 3時30分  → drei Uhr dreißig
  • 3時45分  → drei Uhr fünfundvierzig
  • 19時00分 → neunzehn Uhr
  • 20時31分 → zwanzig Uhr einunddreißig

 

スポンサーリンク

時間の書き方

コロンで表します。

例:19時30分

19:30、または19:30 Uhr

 

例文で比較

時間を伝えるときは「Es ist~」

  • Wie spät ist es?(何時ですか?)
  • Wie viel Uhr ist es? (何時ですか?)

 

12時です。

12時間制はMinuten(分)もUhr(時)も使わないのが自然。

①12時間制:Es ist zwölf.

②24時間制:Es ist zwölf Uhr.

 

5時32分です。

①12時間制:Es ist zwei nach halb sechs.

②24時間制:Es ist fünf Uhr zweiunddreißig.

 

4時45分です。

①12時間制:Es ist Viertel vor fünf.

②24時間制:Es ist vier Uhr fünfundvierzig.

 

何時かを伝えるときは、前置詞「um」

Um wie viel Uhr sind Sie aufgestanden?(何時に起きましたか?)

12時間制:Ich bin um halb sieben aufgestanden.

24時間制:Ich bin um sechs Uhr dreißig aufgestanden.

(6時30分に起きました)

 

駅員に時間を聞く

クロネコさん

会話では基本的に「12時間制」が使われますが、駅員や、空港の地上乗務員などに時間を聞いた場合は、午前・午後などを正確に伝えるために「24時間制」が使われることが多いです。

例文

客:Um wie viel Uhr fährt der Zug ab?(電車は何時に出発しますか?)

駅員:Um 18:48 Uhr. (Um achtzehn Uhr achtundvierzig)(18時48分に出発します)

 

だいたい、おおよその時間の言い方

  • 質問文→ungefähr
  • 答える時→gegen

「〇時頃」を意味する「gegen」は質問文ではあまり使われません

 

Wann ungefähr gehen Sie?(いつ頃行きますか?)

Um wie viel Uhr ungefähr gehen Sie?(何時頃に行きますか?)

Gegen 12 Uhr gehe ich.(12時頃に行きます)

※「um」を「gegen」に変えます


Wann ungefähr sind Sie gekommen?(何時頃に来ましたか?)

Ich bin gegen zwei Uhr gekommen.(2時頃に来ました)

 

 

他にもある、おおよその時間の伝え方

  • Kurz→頃
  • Gleich→もうすぐ
例文
  • Kurz vor zwei(2時ちょっと前)つまり「1時58分頃」に使う
  • Gleich zwei(もうすぐ2時)つまり「1時58分頃」に使う
  • Kurz nach zwei(2時ちょっと後)つまり「2時2分頃」に使う