【ドイツ語「mal」を使った表現まとめ】noch mal、Sag mal、schonmal、erstmal…使い方と意味を解説!

ドイツ語 malを使った表現まとめ 文化・フレーズ集

ドイツ語の会話でよく登場する「mal」ですが、noch mal、schonmal、zum ersten Mal、auf einmal…など、実に様々な使われ方・様々な意味を持っています。

実際の会話でよく使われる「mal」表現なので、ここでしっかり解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

そもそも、malとは?

malとは、基本はeinmalを省略した形です。

「einmal」の本来の意味は「 一度」ですが、慣用句的に様々な使い方・意味で使われます。

また、名詞の「Mal」もあります。

例えば「jedes Mal/毎回、毎度」「letztes Mal/前回」「nächstes Mal/次回」は名詞の「Mal」を使っています。

 

schon einmal・schonmal

意味:~したことがある

「schon einmal」は「したことがある」という意味で、現在完了や過去形とよく一緒に使われます。

実際の会話では、以下のように省略して使われることが多いです。

  • schon mal
  • schonmal

 

例文

Ich habe sie schonmal getroffen.

(私は彼女に会ったことがあります)


Wir waren schonmal in Deutschland.

(私たちはドイツに行ったことがあります)


Hast du das schonmal gemacht?

(したことある?)

 

スポンサーリンク

auf einmal

意味:突然、いきなり、急に

“auf einmal”の組み合わせで、「突然、いきなり、急に」を表します。

 

例文

Auf einmal hat es angefangen zu regnen.

(いきなり雨が降ってきた)


Auf einmal hatte er keine Lust mehr.

(彼は急にやる気がなくなった)


Sie ist auf einmal ausgerastet.

(彼女は突然キレた)

 

nun mal・nun einmal

意味:変えられない事情

“nun mal”か”nun einmal”の組み合わせで、変えられない事情を表します。

 

例文

  • Das ist nun mal so!
  • Das ist nun einmal so!

(それはしかたないよ)


Er hat nun mal keine Zeit!

(彼は、時間が無いんだからしょうがないよ)

 

否定文:nicht einmal・nicht mal

意味:も…ない、さえ…ない

 

例文

Er kann nicht mal seinen eigenen Namen schreiben.

(彼は自分の名前も書けない)


Ich habe kein Geld dabei. Ich kann mir nicht mal ein Wasser kaufen.

(お金を持っていない。今は水さえ買えないんだよ )


Er versteht nicht mal ein Wort Englisch.

(彼は英語が一言も分からない)

 

noch einmal・nochmal

意味:もう一回、もう一度

「noch einmal」を省略して「nochmal」です。

省略していない「noch einmal」の言い方の方が丁寧な表現になります。

 

例文

Können Sie das bitte noch einmal sagen?

(もう一度言ってください)


Kannst du das bitte nochmal sagen?

(もう一度言ってくれる?)

 

意味:だっけ?

nochmalを付けることで、「だっけ?」の意味合いにできます。

注意点は、「nochmal」は元々は「noch einmal」の省略ですが、

「noch einmal」は「だっけ?」の意味合いとしては使いません。

それぞれの使い方
  • noch einmal→もう一回
  • nochmal→もう一回、「だっけ?」のニュアンス

 

例文

Woher kommen Sie nochmal?

(あなたどこの出身でしたっけ?)


Wann beginnt der Film nochmal?

(映画いつ始まるんだっけ?)


Wie heißt das nochmal auf Deutsch?

(あれ、ドイツ語で何だっけ?)

 

mal

意味:「ちょっと~」「~よ!」

命令形やお願いする文に「mal」を入れると、「ちょっと~」「~よ!」の意味合いになり、言い方を和らげることができます。

ここの「mal」は、話し言葉的に「bitte」の役割を果たします。

 

例文

Komm mal her!

(ちょっとこっちにおいでよ!)


Hör mir mal zu.

(ちょっと聞いて!)


Probier doch mal!

(食べてみてよ!)


Schau mal!

(見てごらん!)

 

オーストリアドイツ語と「mal」

ドイツ語と一口に言っても、好まれる表現が国によって違うことがあります。

ドイツ語圏の違いを少し紹介します。

ドイツ人はよく「mal」を「bitte」の意味合いとして使いますが、オーストリア人は少し違和感を覚えます。

つまり、少し失礼な感覚になる人がいます。

(オーストリアでは、ドイツよりも丁寧な言い方が日常の会話でも好まれます)

 

「mal」は、話し言葉的に「bitte」の役割を果たしますが、

オーストリアドイツ語では、「mal」よりも正式に「bitte」を使った方が好まれます。

 

「ここにおいで!」で比較

  • ドイツ:Komm mal her!(ちょっとここにおいでよ!)
  • オーストリア:Komm bitte her!(ここに来てくれない?)

意味は変わりません。話し言葉のニュアンスの問題です。

 

「窓を開けてもらっていい?」で比較

  • ドイツ:Kannst du mal das Fenster aufmachen!(ちょっと窓を開けてもらっていい?)
  • オーストリア:Kannst du bitte das Fenster aufmachen!(窓を開けてくれる?)

 

Sag mal

意味: … あのさ、
  • 「Sag mal」は直訳で「教えて」、意味的には「ねぇ、聞きたいんだけど」という意味になります。
  • 日本語の「あのさぁ」「ねぇねぇ、」のニュアンスで使えます。

 

例文

Sag mal, wegen der Sache neulich, was ist daraus geworden?

(あのさぁ、先日の件だけど、どうなっている?)


Du, sag mal, wie findest du den neuen Star Wars?

(ねぇねぇ、新しいスターウォーズってどう思う?)

  • 「Sag mal」の場合は「Du」を付けても付けなくても大丈夫です。

 

Du, hör mal

意味:…あのさ、
  • 話を切り出して相手に聞いてもらうときに使える表現です。
  • 「ちょっと聞いてくれる?」「言わないといけないことがある」というニュアンスになります。
  • 「Du」を必ずセットで使います。

 

例文

Du, hör mal, ich muss dir was sagen.. ich habe mich von meiner Freundin getrennt.

(あのさ、実は彼女と別れたんだ)


Du, hör mal, ich muss dir was sagen..er betrügt dich.

(あのさ、彼、浮気してるよ)


Du, hör mal, das wollte ich dir schon immer mal sagen, aber…

(あのさ、ずっと言いたかったんだけど…)

 

クロネコさん
日本語とは違い「あのさ、」の後に続く話のニュアンスによって、「Sag mal」「Du, hör mal」を使い分けます。

 

erstmal

「erst einmal」を省略して「erstmal」です。

erstmalに似たような言い方ですが、意味が違うものが以下のようにいくつかあります。

  • erstmal(とりあえず)
  • das erste Mal(初めて)
  • zum ersten Mal(初めて)
  • erstmals(初めて)

 

例文

Ich nehme erstmal ein Bier

(とりあえずビール!)


Wann warst du zum ersten Mal in Deutschland?

(初めてドイツへ行ったのはいつ?)

 

malを用いたよく使う言い回し

Einmal ist keinmal!

意味:1回の過ちは数に入らない

直訳:1回は0回になる

 

Es war einmal

意味:… むかしむかし…

 

Ich nehme erstmal ein Bier/Ich nehme erst einmal ein Bier

意味:とりあえずビール!

こちらもおすすめ!