【接続法第二式】「~すればよかった」はどう言う?【音声発音付き】レベルB1

ドイツ語でどう言う? 「すればよかった」 ゲーテB1レベル

ドイツ語で「~すればよかった」を伝える表現です。

テキスト・語学学校・担当講師などによって文法の出題範囲は多少異なるので、当サイトのゲーテのレベル分けは概ねのものとお考えください

今回のキーポイント

「~すればよかった」の言い方は2つあります。

  1. hätte/wäre+主語など+doch nur/doch bloß+(文末に)過去分詞
  2. 主語など+hätte+…(+doch)(文末に)sollen

 

音声ファイル

①hätte/wäre+主語など+doch nur/doch bloß+(文末に)過去分詞

Hätte ich die Schuhe doch bloß gekauft!

あの靴、買えばよかった!

 

②主語など+hätte+…(+doch)(文末に)sollen

Ich hätte die Schuhe doch kaufen sollen!

やっぱり、あの靴、買えばよかった!

 

ポイント解説

①「hätte/wäre+主語など+doch nur/doch bloß+(文末に)過去分詞」の注意点

  • 文末の過去分詞によって、hätte/wäreを使い分ける。seinを使う過去分詞ならwäre、habenを使う過去分詞ならhätte
  • ポジション1にはhätte、またはwäreを置く
  • nur、またはbloßなどが必ず必要で、doch nurまたはdoch bloßのように「doch 」とセット使われる事が多い
  • doch nur/doch bloßは、この文では「やっぱり」という意味ではない
Roman

doch nur/doch bloßは「…だなぁ」「…なのになぁ」のような語尾のニュアンスを表します。

また、「doch」はnurやbloßを強調するためのものです。

強調するためのものなので「doch」は使わなくても間違いではありませんが、使った方が自然です。

 

②「主語など+hätte+…(+doch)(文末に)sollen」

  • 文末にsollenがあるので、必ずhätteを使う
  • ここでのdochは「やっぱり」という意味で、一緒に使われることが多い。
Roman

こちらの言い方は「doch(やっぱり)」と一緒に使うことが多いです

 

hätte/wäre 人称変化一覧

seinの接続法第二式

ich

wäre

du

wärst

er/sie

wäre

wir

wären

ihr

wärt
Siewären

 

habenの接続法第二式

ich

hätte

du

hättest

er/sie

hätte

wir

hätten

ihr

hättet
Siehätten
ドイツ語 副詞の語順

【ドイツ語「副詞の語順」】時間・場所・理由・方法の位置はどこにすればいい?テカモロとは?

 

ドイツ語会話①

Hiroshi
Puh, du bist gerade noch rechtzeitig!

Paul
Ja, das war knapp. Wäre ich doch bloß früher aufgestanden!

日本語訳

ヒロシ:ギリギリで間に合ったね。

パウル:うん、ギリギリね。もっと早く起きればよかったよ

 

ドイツ語会話②

Johannes
Wie war die Party gestern?

Emmi
Die war super! Du hättest auch kommen sollen!

日本語訳

ヨハネス:昨日のパーティーどうだった?

エミ:すごく楽しかったよ!あなたも来ればよかったのに

 

こちらもおすすめ!