【ドイツ語「副詞の語順」】時間・場所・理由・方法の位置はどこにすればいい?テカモロとは?

ドイツ語 副詞の語順 ゲーテB2レベル

「動詞を2番目に置く」ルールを守れば、割と自由に組み立てられるドイツ語ですが、

ネイティブが使う自然な語順があります。

時間・場所などの副詞は、どんな順番で置けばいいのでしょうか。

 

ドイツ語の語順、最大のルール

動詞は2番目に置く。

 

  • Er lernt heute Deutsch (彼は今日ドイツ語を勉強する)
  • Heute lernt er Deutsch (今日、彼はドイツ語を勉強する)

主語は先頭に置かなくても問題はありませんが、動詞は必ず2番目に置きます。

主語は、動詞の近くに置くと自然です。

詳しい解説はこちら:【ドイツ語「語順」】動詞・目的語・主語の位置【基本の文の作り方】

 

助動詞などのとき

  • Ich kann heute Deutsch lernen.(私は今日、ドイツ語を勉強できる)
  • Heute kann ich Deutsch lernen.(今日、私はドイツ語を勉強できる)

助動詞が2番目、動詞の原形が最後に置かれます。

 

では、主語と動詞以外はどのような順番で置けばいいのでしょうか。

 

副詞の位置・語順

時間・場所などの副詞は、「tekamolo(テカモロ)」の順に置くと自然な語順です。

「tekamolo(テカモロ)」とは
  • 「te」→temporal(時間/いつ)
  • 「ka」→kausal(理由/なぜ)
  • 「mo」→modal(方法・手段/どのように)
  • 「lo」→lokal(場所/どこ)

頭文字をとって、「tekamolo」です。

この順に並べると自然な語順です。

(この順に並べなければいけない訳ではありません)

 

 ただし、副文があったり、強調したい語句があったりすると「テカモロ」の語順は変わります。

1つずつ、解説をみてみましょう

 

基本の「tekamolo」文

ドイツ語 場所・時間・副詞の語順解説
  • 動詞は必ず2番目、そして主語は動詞の近くに置きます。
  • それ以外の語句は「時間→理由→方法→場所(tekamolo)」の順に置くと自然です。(例文の場合は、「理由」の語句がありません)

 

このように、ドイツ語の場合は「主語」ではなく「時間・いつ」が文の先頭にくることが多いです。

 

助動詞などのとき

【例:来月、私は仕事でドイツに行かなければいけません】

Nächsten Monat muss ich geschäftlich nach Deutschland gehen. 

 いつ+助動詞+主語+理由+どこ+動詞の原形

  • 助動詞のルール「助動詞+…文末に動詞の原形」は変わりません。

助動詞の使い方はこちら:【ドイツ語「助動詞」】「können」使い方と人称変化【文法解説】

 

理由は副文で伝えることが多い・自然

【例①:明日、私は勉強したいから図書館へ行く】

Morgen gehe ich in die Bibliothek, weil ich lernen will. 

 いつ+動詞+主語+どこ+(コンマ以降)副文で理由 

  • 「理由(勉強するために)」は、tekamolo語順で1つの文でも作れますが、例のように副文で作った方が自然です。

副文の作り方はこちら:【ドイツ語「副文」】dassなど「従属の接続詞」での、副文の作り方【基本編】

 

【参考】tekamoloの1つの文で作った場合

例:明日、私は勉強したいから図書館へ行く

Morgen gehe ich zum Deutsch lernen in die Bibliothek.  

 ※理由を入れて「tekamolo」での1つの文を作っているので、「weil(だから)」で作った副文がありません。

 

強調したい語句があるとき

【例:「明日、彼はドイツへ行く」という文で、「ドイツへ/nach deutschland」を強調して伝えたいとき】

Nach Deutschland geht er morgen.(明日、ドイツへ彼は行きます)

 強調したい語句+動詞+主語+いつ

  • 先頭に置いた語句が強調されます。
  • この文では「ドイツへ/nach Deutschland」を強調して伝えたいので先頭に置かれています。
  • 動詞は必ず2番目。主語は動詞の近くに置く。

 

「tekamolo」の順でいうと最初に置くべき「時間/いつ」を表す「morgen」が、結果として、最後に置かれます。

 

疑問文の語順

  1. 動詞を先頭に「動詞+主語」の順に置く
  2. 疑問詞がある時は、「疑問詞+動詞+主語」の順に置く

 

例:彼は今日ドイツ語を勉強しますか?

Lernt er heute Deutsch?

動詞+主語+いつ+理由

  • 疑問文は動詞を先頭に「動詞+主語」の順に置きます。
  • この主語以降に「tekamolo」の順、つまり「時間→理由→方法→場所」の順で置くと自然な語順です。

 

 

例:彼は今日、学校で何を勉強しますか?

Was lernt er heute in der Schule?

疑問詞+動詞+主語+いつ+場所

  • 疑問詞がある時は、「疑問詞+動詞+主語」の順に置きます。

 

こちらもおすすめ!