【ドイツ語「格変化する疑問詞」】wer, welcher の使い方。前置詞と疑問詞

ドイツ語 疑問詞の使い方 wer, welcher 文法基礎 独検5・4級レベル

ドイツ語の疑問詞は形が変わる(格変化)ものと、変わらないものがあります。

今回は形の変わる(格変化する)「wer(だれ?), welcher(どの?)」を表す疑問詞を詳しく解説します。

形の変わらない(格変化しない)疑問詞「なぜ?どこ?いつ?」などはこちら

【「疑問詞」】was, wo, wann… 格変化しない疑問詞まとめ。前置詞との融合系とは?

 

「Wer/だれ」の使い方

「だれ?」を表す「wer?」は、格によって変化します。

「Wer/だれ」格変化一覧

1格(誰が)

wer

2格(誰の)

wessen

3格(誰に)

wem

4格(誰を)

wen

 

語順・例文

【語順】疑問詞+動詞+主語など… 

格(~が、~の、~に、~を)によって、werの形が変わります。

例文をみてみましょう

Wer ist das?

(だれですか?・1格)


Wer kommt heute?

(今日は誰が来ますか?・1格)


Wessen Textbuch ist das?

(これは、誰の教科書ですか?・2格)


Wem haben Sie das gesagt?

(あなた誰に言いましたか?・3格)


Wen lieben Sie ?

(あなた(敬称)は、誰を愛していますか?・4格)


Wem gehört die Tasche?(このかばんは誰のですか?)

※「Gehören/~のもの」は、必ず3格と使う動詞(3格支配)のため、「wem/3格」を使う。

 

【応用】前置詞とwer

「wer(だれ)」は、前置詞と一緒に使うことが多いです。

  • Mit wem(誰と)
  • Für wen(誰のために)

など

例文

Mit wem gehen Sie in die Schule?

(あなた(敬称)は、誰と学校へ行きますか?)


Für wen arbeitest du?

(あなたは誰のために働くの?)

クロネコさん
前置詞の影響で、mitの後は3格、Fürの後は4格を置くと決まっています。

 

「Welcher/どの」の使い方

Welcher(どの)は格だけではなく、後に置く名詞の性別にもよって形が変わります。

Welcher/どの」格変化一覧

 

男性

女性

中性

複数

1格(どの~が)

welcher

welche

welches

welche

2格(どの~の)

welches

welcher

welches

welcher

3格(どの~に)

welchem

welcher

welchem

welchen

4格(どの~を)

welchen

welche

welches

welche

 

 

語順

【語順】welcher + 名詞+ 動詞 + 主語 ~?

「welcher」は冠詞でもあるので後には必ず名詞を置き、その名詞の性別によって変化させます。

例:Welches Buch liest du?(あなたはどの本を読むの?)

「どの本を?」→「welches Buch」

  • 「本/Buch」は中性名詞
  • 「~を」は4格

よって、ここでは「welches」が入る。

 

例文

Welcher Film ist empfehlenswert?

(どの映画がおすすめですか?)


Welches Ticket soll ich kaufen?

(どの切符を買えばいいですか?)

 

こちらもおすすめ!