【ドイツ語「不規則に変化する」動詞】動詞の活用・人称変化

ドイツ語の動詞は主語によって、形を変えて使うのが特徴です。(これを「人称変化」または「活用」という)

変化の仕方は、動詞によって異なります。

今回は「不規則に変化する動詞」を学んでいきます。

目次

「不規則に変化する動詞」のポイント

  • 「不規則に変化する動詞」の変化方法は、全て異なるので一つずつ覚えるしかない
  • それ以外は規則変化(語尾を「e・st・t・en・t・en」と変化)と同じ

不規変化動詞の一覧

ドイツ語の動詞は語尾が必ず「en」で終わります。例:「wissen/知っている」

この「en」で終わっている動詞の状態が「動詞の原形」です。 (教科書などでは不定詞と載っています)

今回は「不規則に変化する動詞」の変化方法です。

「不規則に変化する動詞」の変化方法は、全て異なるので一つずつ覚えるしかありません。

不規則変化の例

赤字の部分が「不規則変化」です。

語尾・赤字の部分が、どう変化するかに注目して例をみてみましょう。


wissen/知っている


(1人称)
Ichweiß
あなた
(2人称)
Duweißt
彼・彼女
(3人称)
Er ・Sieweiß
私たち
(1人称複数)
Wirwissen
あなたたち
(2人称複数)
Ihrwisst
彼ら
彼女ら
(3人称複数)
Siewissen
あなた
あなたたち
(2人称の敬称)
Siewissen

werden/~になる


(1人称)
Ichwerde
あなた
(2人称)
Duwirst
彼・彼女
(3人称)
Er ・Siewird
私たち
(1人称複数)
Wirwerden
あなたたち
(2人称複数)
Ihrwerdet
彼ら
彼女ら
(3人称複数)
Siewerden
あなた
あなたたち
(2人称の敬称)
Siewerden

nehmen/取る


(1人称)
Ichnehme
あなた
(2人称)
Dunimmst
彼・彼女
(3人称)
Er ・Sienimmt
私たち
(1人称複数)
Wirnehmen
あなたたち
(2人称複数)
Ihrnehmt
彼ら
彼女ら
(3人称複数)
Sienehmen
あなた
あなたたち
(2人称の敬称)
Sienehmen

haben/持っている


(1人称)
Ichhabe
あなた
(2人称)
Duhast
彼・彼女
(3人称)
Er ・Siehat
私たち
(1人称複数)
Wirhaben
あなたたち
(2人称複数)
Ihrhabt
彼ら
彼女ら
(3人称複数)
Siehaben
あなた
あなたたち
(2人称の敬称)
Siehaben
  • 赤字の部分が不規則に変化しています
  • それ以外は規則変化(語尾を「e・st・t・en・t・en」と変化)と同じです

例文

主語によって動詞が変化していることに注目して、例文をみてみましょう

肯定文


Sie hat viele Bücher.

(彼女はたくさんの本を持っている)

※動詞の原形は「haben」


Er nimmt ein Bier.

(彼はビールにします)

※動詞の原形は「nehmen」


Er weiß, wo ich wohne.

(彼は私がどこに住んでいるか知っている)

※動詞の原形は「wissen」

疑問文

動詞を文の頭に置きます

Hast du ein Wörterbuch?

(君は辞書を持っている?)


Wird er Lehrer?

(彼は医者になりますか?)

否定文

ドイツ語の否定には「nicht」と「kein」の2種類があり、使い分けが必要です。
詳しくはこちらで解説しています。


Er weiß nicht viel über mich.

(彼は私のことについてあまり知らない)


Sie wird keine Lehrerin.

(彼女は先生になりません)

※名詞の否定形「kein」は、名詞によって形が変わります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる