【haben/現在完了の使い方】「~したことがある」はどう言う?【音声発音付き】A1レベル

「したことがある」ドイツ語でどう言う? ゲーテA1レベル

ドイツ語で「したことがある」と、経験を表す表現です

 

今回のキーフレーズ

Ich habe schon einmal / schon mal … <過去分詞>.

(…したことがある)

 

音声ファイル

Ich habe den Film schon einmal gesehen.

(私はこの映画を観たことがあるよ)

 

ドイツ語会話

例文1

Emmi
Hast du den Film schon mal gesehen?
Johannes
Ja, habe ich. Der Film ist total witzig. Das ist mein Lieblingsfilm!

日本語訳

エミ:この映画観たことある?

ヨハネス:あるよ!すごい面白い!一番好きな映画だよ。

 

例文2

Paul
Sie sprechen aber gut Deutsch!
Hiroshi
Vielen Dank für das Lob. Ich habe an der Universität schon einmal Deutsch gelernt.

日本語訳

パウル:ドイツ語が上手ですね!

ヒロシ:褒め言葉ありがとうございます。大学でドイツ語を勉強したことがあります

 

ポイント解説

ドイツ語の過去表現は、現在完了と過去形の2つがある

ドイツ語の過去表現は現在完了と過去形の2つがあり、以下のような使い分けが必要です。

  • 過去のことを会話で伝えるときは、基本的に現在完了(例外あり)
  • ただし、一部の動詞は会話でも過去形を使う
  • 物語や新聞などの書き言葉は過去形

現在完了説明図

会話で「過去形」を使う主な動詞一覧

  • 「助動詞(können,wollen,müssenなど)」
  • 「sein/ある・いる」
  • 「haben/持っている」
  • 「wissen,kennen/知っている」
  • 「denken, meinen, finden/思う]
  • 「gehen/行く」→例外:seinの過去形を使う
    など

 

~したことがある

「schon einmal」は「したことがある」という意味で、現在完了や過去形とよく一緒に使われます。

実際の会話では、schon malと省略して使われることが多いです。

schon einmalだと少し丁寧なフォーマルの言い方になります。

インターネットスラングとして「schonmal」とスペースを省略して使われることもあります 。

こちらもおすすめ!