【ドイツ語「時と前置詞」】西暦、日付、月、曜日、時間…【前置詞・読み方・書き方まとめ】

ドイツ語 西暦・日付・時間の読み方と前置詞 ゲーテA1レベル

日付、曜日、月、西暦などを伝えるときは、どの前置詞を使えばいいのでしょうか?

まとめて詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

【時間 ・〜時に】um

例文

Um wie viel Uhr gehen Sie?

(何時に行きますか?)

Ich gehe um 3 Uhr.

(3時に行きます)

 

 

【日付、曜日、時間帯】am

例文

Wann treffen Sie sich mit ihm?

(いつ彼に会いますか?)

 

  • Ich treffe mich am 18. mit ihm.

(18日に会います)

  • Ich treffe mich mit ihm am Mittwoch.

(水曜日に会います)

  • Ich treffe mich mit ihm am Mittag.

(お昼に会います)

amは、「an dem」を省略したものです。

 

 

日付の応用

  • 単純に日付を伝えるときは、定冠詞の「der」を使う
  • 「~日に」という言うときには前置詞「am」を使う

例文①

  • Heute ist der 27.

(今日は27日です)

  • Morgen ist der 16. Mai.

(明日は5月16日です)

※日→月の順で言います。

 

例文②

  • Wann haben Sie Geburtstag?

(生年月日はいつですか?)

  • Am 24. Dezember 1985.

(1985年12月24日です)

Roman
  • 日→月→年の順で言います。
  • 上記例文はドイツ語的には3格です。

 

予約と時間

日付の場合は「am」を使うが、「reserviertfür/予約」を使うときは、前置詞fürの影響で「den」(定冠詞・男性名詞・4格)を使う

Für wann haben Sie reserviert?

(いつ予約しましたか?)

※reserviertfür=「予約する」という意味の分離動詞

 

  • Ich habe für den 16. um 11 Uhr reserviert.

(16日の11時に予約しました)

  • Ich habe einen Tisch für den 13.07 reserviert.

(7月13日に予約しました)

 

【日付】書き方

  • 「日→月→年」の順で書く
  • 日と月の間を「.」ピリオドで区切る

 

例文

  • 08.10.1874

(1874年10月8日)

  • Vom 21. bis 28.

(21日から28日まで)

 

スポンサーリンク

【月、季節】im

例文

Wann gehen Sie nach Deutschland?

(いつドイツへ行きますか?)

 

  • Ich gehe im April nach Deutschland.

(4月に行きます)

  • Ich gehe im Sommer nach Deutschland.

(夏に行きます)

 

ワンポイント!自然な表現

来週・来月・先週・先月などの「来」「先」が付くときは前置詞を付けないで、4格を使うのが自然。

(付けても文法的には間違いではありません)

前置詞を付けずに4格にする

Ich gehe nächstes Jahr nach Deutschland.

(来年ドイツへ行きます)


Ich habe ihn letzten Monat getroffen.

(先月、彼と会いました)

 

前置詞imを付けた場合

Ich gehe im nächsten Jahr nach Deutschland.

(来年ドイツへ行きます)

  • 「im」の後には3格を置きます。

 

【年号・西暦】前置詞なし・im Jahr

  • 年号を単体で伝えるときは、前置詞は付けない
  • 「~年に」という言うときには前置詞なしか、前置詞「im Jahr」を使う

例文

In welchem Jahr bist du geboren?

(何年生まれ?)

 

  • Ich bin 1982 geboren.

(1982年です)

  • Ich bin im Jahr 1982 geboren.

(1982年に生まれました)

 

【年号・西暦】書き方

「日付→月→年」の順で書く

Es wurde im November 1876 gebaut.
(1876年11月に設立された)

  • 月(November)があるので、前置詞は「im」になる

 

【年号・西暦】読み方

  • hundert=百
  • tausend=千

  • 1983=neunzehn hundert dreiundachtzig(19hundert83)
  • 2001=zwei tausend eins(2tausend1)
  • 2019=zwei tausend neunzehn(2tausend19)

 

2020年から、二つの言い方ができます。

  • 2021=zwei tausend einundzwanzig(2tausend21)
  • 2021=zwanzig einundzwanzig(20、21)

 

西暦と4桁数字

英語と同様で、金額などで「1892」などの4桁数字を言う場合と、西暦の「1892」などを言う場合では読み方が異なります。

例:1892の言い方

  • 4桁数字の場合

eintausend achthundert zweiundneunzig

つまり、1tausend 8hundert 92 (1千8百92)

 

  • 西暦の場合

achtzehn hundert zweiundneunzig

つまり、18hundert92(18百92)

数字の言い方はこちら:【ドイツ語「基数一覧」】数字の言い方・読み方は?発音付きで解説

 

前置詞まとめ

  • 【時間 ・〜時に】um
  • 【日付、曜日、時間帯】am
  • 【月、季節】im
  • 【年号・西暦】前置詞なし・im Jahr

 

例文問題

ここまでの解説を参考に、カッコ内を埋めてみましょう。

 

問1

Wann treffen wir uns?

(いつ会いますか?)

 

  • Treffen wir uns (  ) 10 Uhr.

(10時に会いましょう)

  • Treffen wir uns (  ) 13.

(13日に会いましょう)

  • Treffen wir uns (  ) Woche.

(来週会いましょう)

 

問2

Wann gehen Sie?

(いつ行きますか?)

 

  • Ich gehe (  ) Abend.

(夜に行きます)

  • Ich gehe (  ) Frühling.

(春に行きます)

 

解答

問1

Wann treffen wir uns?

(いつ会いますか?)

 

  • Treffen wir uns um 10 Uhr.

(10時に会いましょう)

  • Treffen wir uns am 13.

(13日に会いましょう)

  • Treffen wir uns nächste Woche.

(来週会いましょう)

 

問2

Wann gehen Sie?

(いつ行きますか?)

 

  • Ich gehe am Abend.

(夜に行きます)

  • Ich gehe im Frühling.

(春に行きます)