【sein過去形の使い方】「行ったことがある」はどう言う?【音声発音付き】A1レベル

ドイツ語でどう言う? ゲーテA1レベル

ドイツ語で「行ったことがある」と、経験を表す表現です。

 

スポンサーリンク

今回のキーフレーズ

Ich war schon einmal / schon mal in … <3格・場所>.

(…へ行ったことがある)

 

音声ファイル

Ich war schon einmal in Deutschland.

(私はドイツへ行ったことがあります)

 

ドイツ語会話

Julia
Warst du schon einmal in Japan?
Paul
Ja, schon dreimal!
Julia
Warum warst du in Japan? Hast du dort Urlaub gemacht?
Paul
Nein, das war eine Geschäftsreise. Und du? Warst du schon mal in Japan?
Julia
Nein, ich war noch nie dort.

日本語訳

ユリア:日本へ行ったことある?

パウル:3回行ったことあるよ

ユリア:なんで日本へ行ったの?旅行?

パウル:ううん、仕事(出張)で行ったよ。あなたは?行ったことある?

ユリア:私はまだ一度も行ったことないよ

※「Urlaub machen in」で「~へ旅行に行く、~を旅行する」という意味

 

スポンサーリンク

ポイント解説

ドイツ語の過去表現は、現在完了と過去形の2つがある

そもそも、ドイツ語の過去表現は現在完了と過去形の2つがあり、使い分けが必要です。

  • 過去のことを会話で伝えるときは、基本的に現在完了(例外あり)
  • ただし、gehenなどの一部の動詞は会話でも過去形を使う
  • 物語や新聞などの書き言葉は過去形
現在完了説明図

会話で「過去形」を使う主な動詞一覧

  • 「助動詞(können,wollen,müssenなど)」
  • 「sein/ある・いる」
  • 「haben/持っている」
  • 「wissen,kennen/知っている」
  • 「denken, meinen, finden/思う]
  • 「gehen/行く」→例外:seinの過去形を使う
    など

 

「~へ行った」というときは、seinの過去形を使う

Ich war schon einmal / schon mal in … <3格・場所>.

Roman
「~へ行ったことがある」はsein現在完了でも作れますが、seinの過去形を使った方が自然です。

例えば、日本語だと「~へ行ったことがある」と言いますが、ドイツ語のニュアンスだと「~に居たことがあります」にした方が自然だからです。

例えば、Ich war schon einmal in Deutschland.の直訳は、「私はドイツに居たことがあります」で、意味としては「私はドイツに行ったことがあります」になります。

ドイツ語的には「(過去に)~に居た」なので、移動ではなく場所を表しています。

そのため前置詞は3格支配になります。

 

seinの過去形」 人称変化一覧表

ich

war

1人称
あなたdu

warst

2人称
彼・彼女er ・sie

war

3人称
私たちwir

waren

1人称複数
あなたたちihr

wart

2人称複数
彼・彼女らsie

waren

3人称複数
あなた(敬称)

あなたたち(敬称)

Sie

waren

2人称の敬称

 

~したことがある

「schon einmal」は「したことがある」という意味で、現在完了や過去形とよく一緒に使われます。

実際の会話では、schon malと省略して使われることが多いです。

schon einmalだと少し丁寧なフォーマルの言い方になります。

インターネットスラングとして「schonmal」とスペースを省略して使われることもあります 。

こちらもおすすめ!