【würde gern】「~したい」を丁寧に!どう言う?【音声発音付き】A2レベル

ドイツ語 würde gern使い方、~したいの丁寧な言い方 ゲーテA2レベル

ドイツ語で「~したい・欲しい」の言い方は色々ありますが、今回は「würde gern」を使って丁寧に「~したいのですが」と丁寧に伝える表現です。

クロネコさん
今回のwürde gernは接続法第2式という文法を使っています。この接続法第2式自体は、もっと上級レベルで登場します。ただし、テキストにもよりますが「würde gern・hätte gern」を使った丁寧な表現フレーズはA2で登場することがあります。

 

スポンサーリンク

今回のキーフレーズ

Ich würde gern ~

(私は~したいのですが)

「würde gern」を使う「~したい」は丁寧な言い方で、日本語にすると「~したいのですが…」のニュアンスになります。

クロネコさん
würde gernは、ビジネスや初対面、お店などで使われることが多いです。

 

音声ファイル

Ich würde gern einen Tisch reservieren..

(席を予約したいのですが)

クロネコさん

ドイツ語は「席」ではなく「テーブルを予約する」という言い方します。

 

ドイツ語会話

【Im Restaurant】

Hiroshi
Ich würde gern einen Tisch reservieren..
Bedienung
Für wie viele Personen?
Hiroshi
Für zwei. Wir hätten gern einen Tisch am Fenster..
Bedienung
Alles klar. Ich werde nachsehen, ob einer frei ist.

 

日本語訳

【レストランにて】

ひろし:席を予約したいのですが

店員:何名様ですか?

ひろし:2人です。窓際のテーブルがいいのですが…

店員:わかりました。空いてるか確認します。

 

スポンサーリンク

使い方・語順

würde gernは動詞と一緒に使う

würde gernは「したいこと」、つまり動詞と一緒に使います。

「~が欲しい」つまり名詞と一緒に使うときは、今回の「würde gern」ではなく「hätte gern」を使います。

例文で比較

  • Ich würde gern Kaffee trinken.(コーヒーを飲みたいです)
  • Ich hätte gern Kaffee.(コーヒーが欲しいです)

 

否定文はgern→lieber / am liebsten

「würde gern」を否定文で使う時は、gernをlieber、またはam liebstenに変えると自然です。

「würde gern」は丁寧な言い方で使われるため、否定文のときには「やんわり断る」というニュアンスにされることが多いです。

  • 「lieber」に変えると「どちらかというと」のようなニュアンスが加わり、否定文を柔らかく相手に伝えることができます。
  • 「am liebsten」を使うと「可能であれば」のニュアンスになり強くても丁寧に「したくない」ことを表せます。

 

 

語順

主語など+ würde gern+…(文末に)動詞の原形

例:Ich würde gern die Jacke anprobieren

(このジャケットを試着したいのですが)

  • 丁寧な「~したいのですが」の表現にするために「gern」までがワンセットです 。
  • 「würde」は主語によって変化しますが、動詞の「anprobieren/試着」は原形のまま文末に置かれています。ドイツ語の動詞原形は、語尾が必ず「-en」で終わります。
  • 「gern」は変化しません。

 

他にも、「~したい」の言い方は色々あります。

 

願望を伝える

würde gernは「~したいのですが」以外にも、「~したいなぁ」を表現することもできます。

 

würdeの活用・人称変化

ドイツ語の動詞は、主語によって形を変えて使うのが特徴です。

(これを人称変化、または活用という)

Ichwürde1人称
あなたDuwürdest2人称
彼・彼女Er ・Siewürde3人称
私たちWirwürden1人称複数
あなたたちIhrwürdet2人称複数
彼ら・彼女らSiewürden3人称複数
あなた(敬称)

あなたたち(敬称)

Siewürden2人称の敬称

 

例文集

Ich würde gern einen Tisch reservieren..

(席を予約したいのですが)


Würde sie sich gern mit ihm treffen?

(彼女は彼に会いたいのですか?)

Roman

疑問文で使う場合、親しければ主語はduを使い、親しくなければSieと使います。なお、尊敬を表すために上下関係の先生や、年齢が上のお年寄りなどに対してもSieを使います。


Was würden sie gern machen?

(彼らは何がしたいのですか?)


Bis spätestens wann würdest du gern zu Hause sein?

(いつまでに家に帰りたいのかな?)


Ich würde lieber keinen Kaffee trinken.

(私はコーヒーを飲みたくないのですが)

 

こちらもおすすめ!