【ドイツ語「wissen・kennen・verstehen」の使い分け】「知ってる・分かる」の使い方

ドイツ語 知ってる・分かるの使い分け ゲーテA1レベル

日本語の場合、「知ってる」も「理解できる」も全て「分かる」で通じますが、ドイツ語の場合、wissen・kennen・verstehenという3つを使い分けます。

文法解説で詳しくみてみましょう。

 

いつ使う?「知ってる・分かる」の使い分け・違い

  • Verstehen →理解の「分かる」
  • Kennen→見分・体験で知っている
  • Wissen →情報・知識として知っている

ドイツ語で「知ってる・分かる」を伝える言い方は色々あり、上記のように使い分けが必要です。

 

比較!「kennen」と「wissen」使い分け

kennen」と「wissen」の使い分けが、今回の重要ポイントです。

 

一覧で比較

kennen

wissen

  • 実際に自分が見たり、聞いたり、行ったり、会ったりしたことで、実際に経験して知っている。
  • 情報・知識、として知っている。
  • 番号・数字を知っている。
  • 目的語は名詞か、代名詞
  • 目的語に副文はとらない。
  • 目的語に、名詞・代名詞・副文をとれる。
    (実体験で知っていることでも、副文を必要とする文のときは「
    wissen」を使います。)

 

例文で比較

例1

例:Ich kenne ihn.

(彼のこと知ってるよ)

「彼」に実際に会ったことがあり、彼を知っている。

よって、「kennen」を使います。

 

例:Ich weiß, als was er arbeitet.

(彼の仕事を知ってるよ)

「彼の仕事」を情報として知っている。

よって、「wissen」を使います。

 

例2

例:Ich kenne ihr Haus.

(私は彼女の家を知っています)

「彼女の家」に実際に行ったことがあり知っている。

よって、「kennen」を使います。

 

例:Ich weiß ihre Adresse.

(私は彼女の家の住所を知っています)

「住所」を情報として知っている。

よって、「wissen」を使います。

住所・アドレス・番号など数字を知っているときは、「wissen」を使います。

 

例3

Ich kenne ein gutes Restaurant hier in der Nähe!

(近くの美味しいレストランを知ってるよ!)

実際にお店に行ったことがあるときは、「kennen」を使います。

 

Ich weiß ein gutes Restaurant hier in der Nähe!

(近くの美味しいレストランを知ってるよ!)

上記と同じことを言っていますが、

人から聞いた、情報として知っている場合「wissen」を使います。

 

Roman
「wissen」は副文を使った方が自然です。

上記の例文「Ich weiß ein gutes Restaurant hier in der Nähe!(近くの美味しいレストランを知ってるよ!)」

は、例文比較のために副文なしを載せていますが、

母語話者は「wissen(知っている)」を使うときは、副文を使うことが多いです。

 

副文を使った場合

Ich weiß, wo hier in der Nähe ein gutes Restaurant ist!

(近くの美味しいレストランを知ってるよ!)

 

例4

実体験で知っていることでも、副文を必要とする文のときは「Wissen」を使います。

 

例:Wissen Sie, ob es hier ein ruhiges Café gibt?

(あなた(敬称)は、この辺りの静かなカフェを知っていますか?)

「静かなカフェ」かどうかは、実際にお店に行ったことがないと分かりません。

そのため、体験を聞く「kennen」を使いそうですが、

この文は副文が必要なので「wissen」を使います。

 

例:Weißt du, wie freundlich Hiroshi ist?

(あなたは、ひろしがどんなに優しい人か知ってる?)

「どんなに優しい人か」は、実際に会ったことがないと分からないので「kennen」を使いそうですが、

この文は副文が必要なので「wissen」を使います。

 

verstehenの使い方

理解の「分かる」を伝える。

例えば、問題や話などが ”理解できたか” を聞く・伝える時に使うのがverstehenです。

 

語順

主語など+verstehen(主語によって変化)+名詞など

 

 例:Ich verstehe die Aufgabe.

(私はこの問題を理解できます)

  • 「verstehe」は「verstehen」が変化したものです。
  • 「verstehen」は名詞とセットで使います。動詞とは一緒に使えません。 

 

「verstehen」の人称変化一覧 

ドイツ語の動詞は、主語によって形を変えて使うのが特徴です。(これを人称変化という)

Ich

verstehe

1人称

あなた

Du

verstehst

2人称

彼・彼女

Er ・Sie

versteht

3人称

私たち

Wir

verstehen

1人称の複数

あなたたち

Ihr

versteht

2人称の複数

彼ら・彼女ら

Sie

verstehen

3人の複数

あなた(敬称)

あなたたち(敬称)

Sie

verstehen

2人称の敬称

 

Kennenの使い方

「見分・体験で知っている」を伝える

「実際に自分が見たり、聞いたり、行ったり、会ったりしたことで、実際に経験して知っている」を伝えるときは、kennenを使います。

 

語順

主語など + kennen(主語によって変化)+ 名詞・代名詞

 

例:Ich kenne Herrn Sato.

 (私は佐藤さんを知っています)

  • 「kenne」は「kennen」が変化したものです。

 

「kennen」の人称変化一覧

Ich

kenne

1人称

あなた

Du

kennst

2人称

彼・彼女

Er ・Sie

kennt

3人称

私たち

Wir

kennen

1人称の複数

あなたたち

Ihr

kennt

2人称の複数

彼ら・彼女ら

Sie

kennen

3人の複数

あなた(敬称)

あなたたち(敬称)

Sie

kennen

2人称の敬称

 

wissenの使い方

「情報・知識、として知っている」を伝える。

情報(番号・数字など)や、知識として知っているを伝えるときは「wissen」を使います。

また、実体験で知っていることでも、副文を必要とする文のときは「Wissen」を使います。

語順

「wissen」は目的語に副文をとれます。

そのため、副文があるか・ないかによって少し語順が変わります。

 

副文がないとき

主語 + wissen(主語によって変化)+ 名詞・代名詞

例:Ich weiß seine Adresse.

 (私は彼のアドレスを知っています)

  • 「weiß」は「wissen」が変化したものです。

 

副文があるとき

主語 + wissen(主語によって変化)+ ,(コンマ)+ 接続詞 + …(文末に)動詞(主語によって変化)

例:Ich weiß, wo der Bahnhof ist.

(私は知っています。駅がどこにあるか)

       ↓

(私は駅がどこにあるか知っています)

青文字部分が副文です。

 

「wissen」の人称変化一覧

Ich

weiß

1人称

あなた

Du

weißt

2人称

彼・彼女

Er ・Sie

weiß

3人称

私たち

Wir

wissen

1人称の複数

あなたたち

Ihr

wisst

2人称の複数

彼ら・彼女ら

Sie

wissen

3人の複数

あなた(敬称)

あなたたち(敬称)

Sie

wissen

2人称の敬称

 

例文

「verstehen」「kennen」「wissen」のどれが使われているかに注目して、例文をみてみましょう。

 

肯定文

Ich kenne seine Mutter.

(私は彼のお母さんを知っています)


Ich kenne ihn sehr gut.

(彼のことはよく知っています)


Er weiß ihre Telefonnummer. 

(彼は彼女の番号を分かります)


Ich verstehe ein bisschen Deutsch.

(私はドイツ語が少し分かります)


Ich weiß, als was er arbeitet.

(私は彼の仕事を知っています)


Ich weiß, wo die Post ist.

(私は郵便局がどこにあるか分かります)

 

疑問文

「kennen」「wissen」「verstehen」を先頭に置く 

 

Kennen Sie Frank?

(あなた(敬称)は、フランクさんを知ってますか?)

Nein, ich kenne ihn nicht.

(いいえ、知りません)

Ja, ich kenne ihn.

(はい、知っています)


Kennst du Titanic?

 (タイタニック(映画)知ってる?)

クロネコさん
映画や絵画などを知っているは「kennen」を使います

Verstehen Sie, was er meint?

(彼の考えが分かりますか?理解できますか?)


Wissen Sie, als was er arbeitet?

(あなた(敬称)は、彼の仕事を知っていますか?)


Wissen Sie, dass Hiroshi heute kommt?

(あなた(敬称)は、今日ひろしが来ることを知っていますか?)

 

否定文

  • 動詞・形容詞・名詞の否定には「nicht」
  • 「ein」の付く名詞、無冠詞の否定には「kein-」

基本的には、それぞれ否定する語の前に置く

ドイツ語の否定には「nicht」と「kein」の2種類があり、使い分けが必要です。


Wir kennen das Bild nicht.

(私たちはこの絵画を知りません)


Ich weiß seinen Namen nicht.

(私は彼の名前を知らない)


Sie verstehen kein Deutsch. 

(彼らはドイツ語が分かりません)


Ihr wisst noch nicht, dass sie kommt.

(あなたたちは、彼女が来ることをまだ知らない)

 

こちらもおすすめ!