【ドイツ語「前置詞nach」】使い分け・使い方まとめ解説

ドイツ語 前置詞nach 使い方まとめ ゲーテA1レベル

ドイツ語の前置詞には色々な意味があります。

今回はゲーテA1レベル(初級レベル)で登場する「nach」の使い方のまとめです。

「nach」を、時間的に使うときと空間的に使うときに分けて詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

時間的な使い方

前置詞を時間的に使うときは、基本は3格支配です。

 

【順番】を伝える

  • Bitte, nach Ihnen!

(お先にどうぞ)

 

  • Nach der Harajuku-Station hält der Zug in Shibuya.

(原宿駅の次に渋谷駅に停まります)

 

【~の後】を伝える

具体例

  • Nach der Prüfung habe ich mich mit ihm getroffen.

(試験の後に彼と会いました)

 

  • Es ist Viertel nach drei.

(3時15分)

 

  • nach dem Essen

(食後に)

 

inにも「~後」という意味があります

使い分けはこちらで解説しています。

 

空間的な使い方

「nach」は「~へ」と方向・移動を伝えるときに使います。

そのため、必ず4格とセット(4格支配)となります。

 

【国・都市】nachを使う具体例

「国・都市へ行く」と方向・移動を伝えるときに使えます。

 

例文

  • Ich gehe nach Mainz.

(マインツへ行く)

 

  • Nächstes Jahr gehe ich nach Deutschland.

(来年、ドイツへ行く)

 

 

例外のポイント

国・都市には基本、冠詞をつけませんが例外があります。

スイス・アメリカなどは例外で「in+冠詞」を使います。

(スイス・アメリカは、方向・移動でもはnachは使いません)

例①:Ich gehe in die Schweiz.

(私はスイスへ行きます)

 

例②:Er geht in die USA.

(彼はアメリカへ行きます)

 

 

【家】nachを使う具体例

「家へ行く・家へ帰る」と方向・移動を伝えるときに使えます。

 

ポイント

語尾に「e」を付けて「Hause」にする。
  • Er geht nach Hause.

(彼は家へ行きます)

 

  • Ich muss sofort nach Hause gehen.

(私はすぐに家に帰らなければならない)

 

クロネコさん
「nach  Hause」はよく使う表現なので、このまま覚えのるがおすすめです。

 

 

【方角】nachを使う具体例

「方角(右・左・上・下・西・東…など)へ行く」と方向・移動を伝えるときに使えます。

 

例文

  • Die Vögel fliegen nach oben in den Himmel.

(鳥たちは、上空へ飛びます)

 

  • An der nächsten Kreuzung müssen wir nach rechts abbiegen.

(次の交差点で右に曲がります)

 

  • Ich gehe nach unten in den Keller.

(下の地下室に行きます)

 

  • Das Tiefdruckgebiet zieht langsam weiter nach Osten.

(低気圧は、ゆっくりと東へ進んでいます)

 

 

例外!南・北への方角

南と北は、前置詞を変えると文のニュアンスが少し変わります。

  • nach→ただの方向を表す
  • in den→暖かい地域・北欧

 

  • Die Vögel fliegen nach Süden.

(鳥たちは、南へ行きます)

ただ単に、「南の方角へ飛んでいる」というニュアンスになる

 

  • Die Vögel fliegen in den Süden.

(鳥たちは、南へ行きます)

「暖かい南の地域を目指して飛んでいる」というニュアンスになる

 

  • Wir fahren nach Norden.

(私は北へ行きます)

「nach Norden」だと、単純に北への方角を表す

 

  • Wir fahren in den Norden.

(私は北欧へ行きます)

「in den Norden」だと、北への方角よりも北欧の地域を指すニュアンスが強い