【ドイツ語「前置詞」】2格、3格、4格支配の前置詞の使い方!融合形とは?【例文問題付き】

ドイツ語 前置詞 2格3格4格の使い方 文法基礎 独検5・4級レベル

ドイツ語の前置詞は独特で、格支配という概念があります。

今回は「2格支配」「3格支配」「4格支配」の前置詞について詳しく解説します。

 

格支配とは

そもそも格支配とは、前置詞の後ろにおく「冠詞」や「人称代名詞」などの格があらかじめ決まっていることをいいます。

例を参考にみてみましょう。

 

例:aus der Tasche(かばんから)

この文では「aus/~から」という前置詞の後ろに「der」という冠詞が置かれています。これはなぜでしょうか。

  • aus→3格支配の前置詞
  • Tasche→かばんは女性名詞

したがって、この場合の冠詞は「女性名詞・3格」で「der」となる。

 

このように格支配は、文の「が・の・に・を」ではなく、

最初からセットで使う「格」が決まっていることをいいます。

 

 冠詞とは

冠詞とは、名詞の前につけて数・名詞の性・格などを伝えるものです。

 そのため、ドイツ語の前置詞を使うときは、まずは冠詞を勉強する必要があります。

 

【2格支配】前置詞一覧

trotz

にもかかわらず、なのに

statt

の代わりに

wegen

のために、せいで

während

の間

außerhalb

~の外に

innerhalb

~の中に

 

【例文】2格支配前置詞

2格支配前置詞では、前置詞の後に「2格」を置きます。例文をみてみましょう。

Trotz des Regens spielen sie Fußball.

(雨なのに、彼らはサッカーをする)


Statt eines Geschenks habe ich einen Gutschein bekommen.

(プレゼントの代わりにクーポンをもらいました)


Während der Sommerferien gehen wir nach Deutschland .

(私たちは夏休みにドイツに行く)

 

【3格支配】前置詞一覧

aus

の中から、出身

von

から、~の

bei

のところで、のそばで

nach

の方で、の後で

zu

~へ、の方へ

mit

と一緒に、を利用して

seid

以来

gegenüber

の向かいに

 

【融合形】3格支配の融合形 前置詞一覧

前置詞の中には、最初から前置詞と冠詞がセットになり、

省略した1語に形に変えて使うものがあります。

これを融合形といいます。

融合形

前置詞と定冠詞

意味

vom

von dem

~から、~の

beim

 bei dem

~のもとで

zum

zu dem

~へ

zur

zu der

~へ

Roman
融合すると「話し言葉」なニュアンスになります。

 

【例文】3格支配前置詞

3格支配前置詞では、前置詞の後に「3格」を置きます。例文をみてみましょう。

Sie nimmt den Schlüssel aus der Tasche.

(彼女はかばんから鍵を取り出す)


Ich bekomme ein Geschenk von ihm .

(私は彼からプレゼントをもらう)


Ich gehe von Tokyo nach Berlin.

(私は東京からベルリンへ行きます)

クロネコさん
都市や国は基本、冠詞を付けないで使います。

解説はこちら:【ドイツ語「無冠詞」とは?】


Wir essen den Kuchen nach dem Essen.

(私たちは食事の後、ケーキを食べる)


Er geht mit seiner Schwester nach Kyoto.

(彼は姉と一緒に京都に行きます)


Ich gehe mit einem Freund mit dem Zug nach Kyoto.

(私は友人と一緒に電車で京都に行きます)


Gegenüber dem Bahnhof ist ein Park.

(駅の向かいに公園があります)


Er kommt aus Tokyo.

(彼は東京の出身です)

 

【4格支配】前置詞一覧

für(フューア)

のために

gegen(ゲーゲン)

~時頃、〜に反対して

ohne(オーネ)

なしに

bis(ビス)

まで

durch(ドゥルヒ)

を通って

um (ウム)

の周りに、~時に

 

【融合系】4格支配の融合形 前置詞一覧

4格支配の前置詞にも、「融合形」があります。

融合形

前置詞と定冠詞

意味

fürs 

für das

~のために

ums

um das

~のまわりに

durchs

durch das

~を通って

 

【例文】4格支配前置詞

4格支配前置詞では、前置詞の後に「4格」を置きます。例文をみてみましょう。

Ich fahre durch die Stadt.

(町を通って行く)


Es gibt Katzen ums Haus.

(家の周りに猫がいる)


Morgen komme ich um 9 Uhr.

(明日は9時に行きます)


Sie kommen gegen 7 Uhr.

(彼らは7時頃に来る)


Das Rathaus ist bis 16Uhr geöffnet.

(市役所は16時まで開いています)

 

例文問題

ここまでの解説を参考に、以下の文をドイツ語に訳してみましょう。

問1

私は彼のために料理をします

 

問2

風邪のため、彼女は来ません

 

問3

彼は会社へ行く

解答

問1

Ich koche für ihn.

(私は彼のために料理をします)

 

問2

Wegen einer Erkältung kommt sie nicht.

(風邪のため、彼女は来ません)

 

問3

Er geht zur Firma.

(彼は会社へ行く)

クロネコさん
zurは「zu der」の融合形です。

場所を伝える前置詞の解説はこちら

 

こちらもおすすめ!