【ドイツ語「所有冠詞・所有代名詞」とは?】「mein」の使い方・格変化【文法解説】

ドイツ語 所有冠詞の使い方

「私の~」「あなたの~」と所有関係を伝えるとき、ドイツ語ではどのように言えばいいのでしょうか?

文法解説で詳しく解説します。

目次

所有冠詞とは?

「私の~」「君の~」と所有関係を伝える冠詞(教科書によっては、「所有代名詞」という)

英語の「my~」「your~」に相当し、ドイツ語では「mein~」「dein~」となります。

冠詞なので、名詞の前に付けて、格変化させて使います。

所有冠詞

冠詞には文法用語で、定冠詞(der)・不定冠詞(ein)・定冠詞類(dieserなど)不定冠詞類(meinなど)の種類があります。

「不定冠詞類」などの言い方は、文法用語です。これ自体を覚える必要はありません。

冠詞一覧

どう使う?所有冠詞の使い方 

まずは所有冠詞の一覧をみてみましょう

所有冠詞一覧

私の

mein

あなたの

dein

彼の

sein

彼女の

ihr

それの

sein

私たちの

unser

あなたたちの

euer

彼らの

ihr

あなた(敬称)

Ihr

さらに上記の所有冠詞を、後ろに置く名詞の性別・格によって語尾を変化させます。(格変化)

「mein/私の~」を例に一覧をみてみましょう。

「mein/私の~」変化一覧 

男性名詞

女性名詞

中性名詞

複数名詞

1格

(~が、は)

mein

meine

mein

meine

2格

(~の)

meines-(e)s

meiner

meines-(e)s

meiner

3格

(~に)

meinem

meiner

meinem

meinen

4格

(~を)

meinen

meine

mein

meine

mein以外の変化一覧は下記記事を参考にしてください

実際に、後ろに名詞をつけてみましょう

例①:「私のコンピューターを」→「meinen Computer」

  • 「コンピューター/Computer」は男性名詞。
  • 「~を」は4格。

したがって、ここでの冠詞は「meinen」が入る。

「mein/私の~」以外の例

例②:「あなたの本が」→「dein Buch」

  • 「あなたの~」は「dein」
  • 「本/Buch」は中性名詞
  • 「~が」は1格。

したがって、ここでの冠詞は「dein」が入る。

例③:「彼の猫に」→「seiner Katze」

  • 「彼の~」は「sein」
  • 「猫/Katze」は女性名詞
  • 「~に」は3格

したがって、ここでの冠詞は「seiner」が入る。

このようにドイツ語で「私の~」「彼の~」など所有を伝えるときは、1格~4格を使い分け

さらに名詞が「男性・女性・中性・複数」のどれに該当するのかを考えなければいけません。

そのため、所有冠詞を使いこなすには名詞の性も覚える必要があります。

次は例文でみてみましょう

例①:「私は私の娘にかばんを買う」

       ⇩

「Ich kaufe meiner Tochter eine Tasche 」

  • この文での所有冠詞は、「私の娘」で3格
  • 「私の~」は「mein」
  • 「娘」は女性名詞

したがって、「 meiner」を使います。

例②:「明日、彼女の友人たちが来ます」

       ⇩

「Morgen kommen ihre Freunde.」

  • この文での所有冠詞は、「彼女の友人たちで1格
  • 「彼女の~」は「ihr」
  • 「友人たち」は複数名詞

したがって、「ihre」を使います。

所有冠詞で間違いやすいポイント

所有冠詞は「私の~」を伝えるものですが、日本語の「の」に引っ張られないように注意が必要です。

例えば、「私の娘に/meiner Tochterと文を作りたいときは、

「私の娘」で一つの名詞と考えましょう。

「私の娘 」この「」を所有冠詞にすると考えましょう。

「私の○○」「私の○○」赤字になっている部分の格を意識するといいでしょう。

【応用編】2格の代わりに「gehören」や「von」を使う

冠詞の2格を使うと、ほとんどの場合「固い」「エレガント」「古風」な表現になります。

そのため、日常会話において使う頻度は低いです。

今回の所有冠詞で2格(例:私の○○の)も同様で、日常会話において使う頻度は低いです

代わりに「動詞gehören+3格」や「前置詞von+3格」で伝える方が自然です。

例をみてみましょう。

Das Auto gehört meinem Vater.

(これは私の父の車です)

 Das ist der Mann von meiner Schwester.

(こちらが私の姉の旦那です)

詳しい解説こちらでしています。

所有冠詞2格の使い方

既に説明した通り、冠詞の2格は日常会話ではあまり使いませんが、

念のため、所有冠詞で「私の○○の」を伝える方法です。

「これは私の兄かばんです」

     ⇩

「Das ist die Tasche meines Bruders.」

  • この文での所有冠詞は、「私の兄で2格
  • 「私の~」は「mein」
  • 「兄」は男性名詞

したがって、「 meines」を使います。

2格(~の)冠詞を使うときは少し注意が必要です。

男性名詞と中性名詞のときに、名詞の終わりに「s」または「es」をつけます。

これは2格だけのルールです。

参考:1格と2格の比較

1格(~が):mein Bruder

    ⇩

2格(~の):meines Bruders

【応用編】名詞なしで「私のだよ」と伝える

Das ist mein Auto.

(それは私の車です)

   ⇩

Das ist meins.

(それは私のです)

名詞を省略して「私のです」と伝えるときは、変化させていない所有冠詞に「s」をつけます。

私のmeins
君のdeins
彼のseins
彼女のihrs
それのseins
私たちのunsers
君たちのeuers
彼らのihrs
あなた(敬称)Ihrs
Roman

さらに動詞などを省略して伝えることもできますが、この言い方は家族や友人など親しい間、もしくは子どもが使うような表現です。

【例文】

Ist das deins?(これはあなたの?)

Ja, meins!(うん!私のだよ!)

例文で感覚を掴もう!

所有冠詞(mein,deinなど)が、名詞の性と格(が・の・に・を)によって、どう変化しているか注目しながら例文をみてみましょう

Das ist mein Smartphone.

(これは私のスマホです)


Das ist deins.

(それはあなたのです)


Du leihst deinem Freund ein Buch.

(あなたはあなたの友達に本を貸す)


Du hilfst deinem Freund.

(あなたはあなたの友達を助ける)

※「助ける」はドイツ語の場合「3格/~に」を使う


Wir machen uns Sorgen um ihre Gesundheit.

(私たちは彼女の健康を心配しています)


Ich gehe mit meinen Freunden ins Kino.

(私は映画館へ私の友人たちと行きます)

※前置詞「mit(~と)」の影響で3格を使うので、複数・3格でmeinenが入る


Ich werde seine Mutter nicht treffen.

(私は彼のお母さんには会いません)

例文問題

カッコ内に格変化した所有冠詞を入れてみましょう

問1

( )ist Studentin.

私の姉は大学生です)

問2

Das sind ( )

(こちらが私の子どもたちです)

問3

Hast du dich mit ( ) getroffen?

(あなたは私の母に会いましたか?)

問4

Kennst du ( )?

(あなたは彼の上司を知っていますか?)

解答

問1

Meine Schwester ist Studentin.

私の姉は大学生です)

問2

Das sind meine Kinder.

(こちらが私の子どもたちです)

※「子どもたち」は複数形

問3

Hast du dich mit meiner Mutter getroffen?

(あなたは私の母に会いましたか?)

問4

Kennst du seinen Vorgesetzten?

(あなたは彼の上司を知っていますか?)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる