【ドイツ語「副文」と「助動詞/現在完了/分離動詞」】従属の接続詞との使い方は?作り方は?【応用編】

ドイツ語 副文と助動詞・現在完了・分離動詞 文法初級 独検3級レベル

「従属の接続詞」を使って、「副文」を作ることができます。

ではこの副文に、「助動詞・現在完了・分離動詞」があるときはどうなるのか?を詳しくみてみましょう。

副文とは?従属の接続詞とは?

副文の基本の使い方はこちら

【「副文」】dassなど「従属の接続詞」での、副文の作り方【基本編】

 

スポンサーリンク

「従属の接続詞」一覧表

dass

こと

weil

だから

obwohl

にもかかわらず
obかどうか

damit

するために

wenn

~するとき、もし

bevor

する前に

nachdem

した後で

während

している間
alsした時、職業の説明

以上が主な従属の接続詞です。

これらを使って、副文を作ります。

 

助動詞と副文

従属の接続詞…(文末に)動詞の原形+助動詞

 

「weil/だから」従属の接続詞と、助動詞を使って

「私はドイツへ行きたいので、ドイツ語を勉強してます」という文(副文)を作ってみます。

①まずは主文

「ドイツ語を勉強してます」

Ich lerne Deutsch.

  • 通常通り、動詞は2番目に置きます。

 

②次に副文

「私はドイツへ行きたいので」

Weil ich nach Deutschland gehen will.

  • 「だから」という意味の従属の接続詞「weil」と、助動詞「wollen」を使います。
  • 副文では動詞が最後に置かれます。
  • 助動詞の場合には、文末に「動詞の原形+助動詞(人称変化)」の順に置きます。

 

③主文と副文を合体させます

Ich lerne Deutsch, weil ich nach Deutschland gehen will.

  • 主文と副文は、コンマで区切ります。
副文と助動詞 解説図 (1)
助動詞の解説はこちら

【「助動詞」】「wollen」「möchten」の使い方

 

スポンサーリンク

分離動詞と副文

従属の接続詞…(文末に)分離させずに人称変化

 

「weil/だから」の従属の接続詞と分離動詞を使って、

「明日は5時に起きるので、今日は早く寝ます」という文(副文)を作ってみます。

①まずは主文

「今日は早く寝ます」

Ich schlafe heute früh

  • 通常通り、動詞は2番目に置きます。

 

②次に副文

「明日は5時に起きるので」

weil ich morgen um 5 Uhr aufstehe.

  • 「だから」という意味の従属の接続詞「weil」を使います。
  • 副文では動詞が最後に置かれます。
  • 分離動詞の場合には、文末に「人称変化はして分離はさせず」に置きます。

 

③主文と副文を合体させます

Ich schlafe heute früh, weil ich morgen um 5 Uhr aufstehe. 

  • 主文と副文は、コンマで区切ります。

 

現在完了と副文

従属の接続詞…(文末に)過去分詞+haben/sein

 

「weil/だから」従属の接続詞と、現在完了を使って

「昨日は一日勉強したので、今日は勉強しません」という文(副文)を作ってみます。

①まずは主文

「今日は勉強しません」

Heute lerne ich nicht

  • 通常通り、動詞は2番目に置きます。

 

②次に副文

昨日は一日勉強したので

weil ich gestern den ganzen Tag gelernt habe.

  • 「だから」という意味の従属の接続詞「weil」を使います。
  • 副文では動詞が最後に置かれます。
  • 現在完了の場合には、文末に「過去分詞と、人称変化させたhaben/sein」を置きます。

 

③主文と副文を合体させます

Heute lerne ich nicht, weil ich gestern den ganzen Tag gelernt habe.

  • 主文と副文は、コンマで区切ります。

 

 

分離動詞の現在完了と副文

従属の接続詞…(文末に)分離動詞の過去分詞+haben/sein

 

「weil/だから」従属の接続詞と、分離動詞の現在完了を使って

「彼は10時に起きたので、学校に遅刻しました」という文(副文)を作ってみます。

①まずは主文

「学校に遅刻しました」

Er ist zu spät in die Schule gekommen.

  • 通常通り、動詞は2番目に置いて現在完了の文を作ります。

 

②次に副文

「彼は10時に起きたので」

Weil er erst um 10 Uhr aufgestanden ist.

  • 「だから」という意味の従属の接続詞「weil」を使います。
  • 副文では動詞が最後に置かれます。
  • 文末に「分離動詞の過去分詞(分離させない)と、人称変化させたhaben/sein」の順に置きます。

 

③主文と副文を合体させます

Er ist zu spät in die Schule gekommen, weil er erst um 10 Uhr aufgestanden ist.

  • 主文と副文は、コンマで区切ります。

 

 

過去形と副文

従属の接続詞…(文末に)過去形
過去形はいつ使う?

過去形の使い方はこちら

【「過去形」】いつ使う?現在完了との違い、使い分けは?

 

seinの過去形と副文

「weil/だから」従属の接続詞と、seinの過去形を使って、

「私は疲れていたので、たくさん寝ました。」という文(副文)を作ってみます。

 

①まずは主文

たくさん寝ました

Ich habe viel geschlafen

  • この文に従属の接続詞はないので、「~しました」と通常通りに現在完了で文を作ります。

 

②次に副文

私は疲れていたので

weil ich müde war.

  • 「だから」という意味の従属の接続詞「weil」と、seinの過去形「war」を使います。
  • 副文では動詞が最後に置かれるので、seinの過去形「war」が文末になります。

 

③主文と副文を合体させます。

Ich habe viel geschlafen,weil ich müde war.

  • 主文と副文は、コンマで区切ります。

 

助動詞の過去形と副文

従属の接続詞…動詞の原形+助動詞の過去形

 

「weil/だから」の従属の接続詞と、助動詞の過去形を使って、

「映画が見たかったので、彼を誘いました」という文(副文)を作ってみます。

①まずは主文

「彼を誘いました」

Ich habe ihn eingeladen.

  • この文に従属の接続詞は使わないので、通常通りに現在完了の文を作ります。

 

②次に副文

「映画が見たかったので」

weil ich einen Film sehen wollte.

  • 「だから」という意味の従属の接続詞「weil」と、助動詞「wollenの過去形」を使います。
  • 副文では動詞が最後に置かれます。
  • 助動詞過去形の場合には、文末に「動詞の原形+助動詞の過去形」の順に置きます。

 

③主文と副文を合体させます

Ich habe ihn eingeladen, weil ich einen Film sehen wollte.

  • 主文と副文は、コンマで区切ります。

 

副文が先行するときは、語順に注意

副文を、文の先頭に持ってくることもできます。

その時は、語順に注意が必要です。

主文が先頭:Ich lerne Deutsch, weil ich nach Deutschland gehen will.

副文が先頭:Weil ich nach Deutschland gehen willlerne ich Deutsch.

  • weil(青文字)が従属の接続詞
  • 赤文字が動詞

 

副文は、文の位置が変わっても動詞は必ず最後に置かれています。

(この例文では「gehen will」のこと)

 

問題は主文の動詞の位置です。

副文が先行すると、主文の動詞の位置も変わります。

主文が先頭:Ich lerne Deutsch, weil ich nach Deutschland gehen will.

副文が先頭:Weil ich nach Deutschland gehen will, lerne ich Deutsch.

「Ich lerne」→「lerne ich」となっています。

副文と助動詞 解説図 2

 

副文を先頭に置く場合、主文の動詞は副文の直後に置かれます。

これはなぜでしょうか?

 

「動詞を2番目に置く」ルールがあるから。

ドイツ語の語順の規則として、「動詞を2番目に置く」というものがあります。

 

副文を先頭に置いた場合、「Weil ich nach Deutschland gehen,」のかたまりを1番目と数え、

コンマ以降の2番目の位置に動詞の「lerne」を置いているからです。

これにより、「動詞を2番目に置く」という規則が成立しています。

副文の動詞の位置 解説

 

 

例文問題

ここまでの解説を参考に、以下の文をドイツ語にしてみましょう 。主文・副文どちらが先行でもok

 

問1

電車が出発する前に、私は水を買いたい。

 

問2

私たちは明日、美術館に行けないので、映画館へ行く。

 

問3

朝ごはんを食べていたとき、彼女が来た。

 

解答

問1

主文が先行:Ich will mir ein Wasser kaufen, bevor der Zug abfährt.

副文が先行:Bevor der Zug abfährt, will ich mir ein Wasser kaufen.

(電車が出発する前に、私は水を買いたい)

 

問2

主文が先行:Wir gehen morgen ins Kino, weil wir nicht ins Kunstmuseum gehen können.

副文が先行:Weil wir morgen nicht ins Kunstmuseum gehen können, gehen wir ins Kino.

(私たちは明日、美術館に行けないので、映画館へ行く)

 

問3

主文が先行:Sie ist gekommen, als ich gefrühstückt habe.

副文が先行:Als ich gefrühstück habe, ist sie gekommen.

(朝ごはんを食べていたとき、彼女が来た)

こちらもおすすめ!