【ドイツ語「再帰動詞と助動詞・現在完了・副文」】再帰動詞の応用編

ドイツ語 再帰動詞の応用解説 ゲーテA2レベル

再帰動詞を「助動詞・現在完了・接続詞」と使うときは、どのようにすればいいのでしょうか?文法解説で詳しくみてみましょう。

 

スポンサーリンク

主な再帰動詞一覧

まずは、主な再帰動詞をみてみましょう。

~を楽しみにするsichfreuen auf 4
~にうれしく思う、喜ぶsichfreuen über 4
~に興味があるsichinteressieren für 4
~に怒る、イライラするsich④ ärgern über 4
~に急ぐsichbeeilen mit 3格 ※1
~を決めるsichentscheiden für 4格 ※1
~に慣れるsich④ gewöhnen an 4
~に座るsichsetzen auf 4格 ※1
~を覚えてる(思い出)sicherinnern an 4
集中するsichkonzentrieren auf 4格 ※1
横になるsich④ hinlegen 4格(前置詞なし)
風邪をひくsicherkälten(前置詞なし)
変わるsichändern (前置詞なし)
~を洗うsich waschen (前置詞なし)
自己紹介するsich vorstellen(前置詞なし)※2
~を想像するsich③ vorstellen (前置詞なし)※2
~を覚える(暗記)sich③ merken 4格(前置詞なし)

※1 前置詞がなくても使えます

※2 「vorstellen」は、再帰代名詞が3格(sich③)か4格(sich④)かで意味が異なります。

 

【助動詞】と再帰動詞

2番目に助動詞+再帰代名詞…文末に再帰動詞の原形
ドイツ語 再帰動詞+助動詞の解説

 

疑問文

sich③ vorstellen (前置詞なし)/~を想像する

Kannst du dir unsere Zukunft vorstellen?

(私たちの将来を想像できる?)

 

否定文

sich④ gewöhnen an 4格/~に慣れる

Ich kann mich nicht an das Leben in Deutschland gewöhnen.

(私はドイツの生活に慣れることができません)

 

sich④ konzentrieren auf 4格/集中する

Ich kann mich nicht konzentrieren..

(集中できないなぁ…)

  • 目的語のない文なので、「auf 4格」は省略されます。

 

 

スポンサーリンク

【現在完了・過去形】と再帰動詞

ドイツ語の過去表現には現在完了と過去形がありますが、再帰動詞も動詞によって「現在完了と過去形」を使い分けます。

 

例文で比較

現在完了と再帰動詞

sichfreuen über 4格/喜ぶ

Ich habe mich sehr über das Geschenk gefreut.

(私はプレゼントがとても嬉しかった)

  • 2番目に現在完了のhaben+再帰代名詞…文末に再帰動詞の過去分
過去形と再帰動詞

sich④ konzentrieren auf 4格/集中する

Ich konnte mich aufs Lernen konzentrieren.

(私は勉強に集中できました)

  • 助動詞は過去形を使います。(ここでは「konnte(できた)=kannの過去形」)
  • aufsは、auf dasの融合形

 

 

再帰動詞+現在完了をもっと詳しく!

ドイツ語 再帰動詞+現在完了の解説

 

疑問文

sich④ gewöhnen an 4格/~に慣れる

Hast du dich an das Leben in Deutschland gewöhnt?

(ドイツの生活に慣れてきた?)

 

sich④ entscheiden für 4格

Haben Sie sich schon entschieden?

(もう、決めましたか?)

 

否定文

sich④ ärgern über 4格/~に怒る

Er hat sich über mich geärgert.

(彼は私に怒っていました)

  • michは人称代名詞の4格

 

sich④ ärgern über 4

Ich wollte mich nicht über ihn ärgern.

(私は彼に怒りたくなかった)

  • 助動詞は過去形を使います。(ここでは「したくなかった=willの過去形」)

 

【副文】と再帰動詞

副文に再帰動詞が入る場合

従属の接続詞+主語+再帰代名詞…文末に人称変化させた再帰動詞
ドイツ語 再帰動詞+副文の解説

 

 

sicherkälten(前置詞なし)

Ich bleibe heute zu Hause, weil ich mich erkältet habe.

(私は風邪を引いたので、今日は出かけないで家にいます)

  • 副文に、再帰動詞+現在完了がある文です
  • そのため、現在完了のhabenが文末になります。

 

主文に再帰動詞が入る場合

sich④ freuen über 4格/~にうれしく思う、喜ぶ

Ich freue mich, dass wir uns heute sehen können.

(私は、今日会えるのがうれしい)

  • 直訳:私は嬉しい。私たちが今日会えることが
  • 副文が目的語なので「über 4格」は省略されています

 

sich④ freuen auf 4格/~を楽しみにする

Ich habe mich gefreut, dass wir uns heute sehen können.

(今日お会いできることを、楽しみにしていました)

  • 主文に「再帰動詞+現在完了」がある文です

 

語順まとめ

再帰動詞+助動詞

  • 2番目に助動詞+再帰代名詞…文末に再帰動詞の原形

再帰動詞+現在完了

  • 2番目に現在完了のhaben+再帰代名詞…文末に再帰動詞の過去分詞

よく使われる助動詞の過去表現は、過去形を使います。

再帰動詞+副文

  • 従属の接続詞+主語+再帰代名詞…文末に人称変化させた再帰動詞
クロネコさん
「助動詞・現在完了・副文」に共通しているのは、動詞は最後に置くという点です。

 

例文問題

ここまでの解説を参考に、日本語をドイツ語に訳してみましょう。

問1

テストまでに単語を覚えないといけない

 

問2

彼は昨日のことを覚えていなかった

 

問3

日本の生活には慣れた?

 

問4

今日は寝坊したので、急がないといけない。

 

解答

問1

Bis zum Test muss ich mir die Vokabeln merken.

(テストまでに単語を覚えないといけない)

  • 主語のIchが文頭に合っても間違いではありませんが、「いつ/時間」を表す「Bis zum Test」が文頭にあると自然なドイツ語です。

 

問2

Er konnte sich nicht an gestern erinnern.

(彼は昨日のことを覚えていなかった)

  • 助動詞の過去表現は、過去形を使います(直訳は「思い出すことができなかった」)

 

問3

Hast du dich an das Leben in Japan gewöhnt?

(日本の生活には慣れた?)

 

問4

Ich muss mich heute beeilen, weil ich verschlafen habe.

(今日は寝坊したので、急がないといけない)

 

こちらもおすすめ!